Elvis Presley (1935〜1977)

エルヴィスを知ったのは、1977年8月16日の朝のニュース。
高校生の頃にファンだった母が、ニュースを見て驚いて夏休みで寝坊してた私を起こしにきました。
でも、私はエルヴィス知らないし・・・
それまでは、いわゆる四畳半フォークみたいな邦楽ばかり聴いてました。
何か洋楽を・・・と思ってましたが、巷はベイ・シティ・ローラーズとか
心にもどこにも響かない音楽ばかりだった。

母を含め、うちは祖父母から洋画・洋楽ものが好きな家庭で(時代劇は別として)
母は当時に買った「GIブルース」のLPを聴かせてくれました。
また、追悼番組として「GIブルース」もテレビで放映されました。

秋になって、やはり追悼の意味からでしょうか。
当時住んでいた藤沢の街の電柱に、これが貼ってありました。
週末までらしい・・・母が好きだったな・・・・
ということで、母の付き添いで大雨・台風の中
二人で観に行ったのでした。

付き添いで行ったはずだったのに
歌も曲も、エルヴィスも何も知らないのに
とにかくカッコ良くて、声もよくて、可愛くて
すっかり見入って、ファンになってしまいました。
母は、映画を見ながら失神しそうになって
貧血起こしてました。


初めて買ったレコード

LPの説明書きに書いてあった、ファンクラブに親子で入会。
こずかいをもらっては、LPを買い漁り
当時は「ザ・ベストテン」なんてバカバカしくて
全く見ませんでした。

エルヴィスには大きく分けて、50年代・60年代・70年代の
時代があります。

私は声も渋くなり、バラード系も歌いこなすヴォーカリストとしての
70年代の方が声も外見も好きなのですが、50年代の20代の
エルヴィスも好きです。ファンによって、好きな時代は様々だし
いろんなタイプのファンがいます。

私は、とにかく好きなのです。
何の曲は何のLPに入っていて、これを歌った時こーだったとか
ものすごく詳しいファンもいますが、そうでもない。
いろんな形があっていいと思ってます。

この辺りの曲も結構好きです。→

エルヴィスは徴兵制度によって、しばらく活動休止。
その後は、60年代の映画出演の時代に入っていきますが
いくつか隠れた名曲もあったりしますが
個人的には、あまり好きな時代じゃありません。
やはりエルヴィスはステージの人。
エルヴィス本人もそうだったみたいです。

でも、60年代のあの甘〜い歌声と
明るい映画が好きってファンもいるんですよね。
この辺りのエルヴィスの映画、加山雄三が真似てると
思います。

そして、1968年の「Come Back TV Special」
これがまたカッコいい。
声が少しハスキーになって、足は長いし
動きもいいし、歌もエルヴィスらしくって。
もうとにかく「この皮のスーツのエルヴィス」って
男性ファンもいます。

一番前には、綺麗目なファンを座らせたとかは、

そして1970年代。
「Tha's the Way it is」エルヴィス・オン・ステージです。

当時、まだ一般家庭にはあまりビデオなんて無くて
ソニーのベータマックスが228,000円で売り出したばかり。
とにかくエルヴィスを観たくて、購入。

1973年のハワイ公演。
チャリティーコンサートで、報道番組以外では
世界で初めての衛星中継でした。

エルヴィスもかなり緊張しているのが観ると分かります。
このジャンプスーツはケープと合わせ25キロ前後とか。
ケープは本番最後に、客席に投げてしまいます。

リアルタイムでは私は観てません。
まだ小学生高学年にもなってなくて、分からなかった。
当時はハワイも遠かった。

←Aloha from HawaiiのLP 2枚組

  聴く用、保存用と全部で3セット買ったのに・・・今はCDの時代。

ハワイ公演の頃、エルヴィスは離婚調停中。
で、離婚。
娘のリサ・マリーは顔はエルヴィスに似てますが
マイケル・ジャクソンと結婚したことが有名ですね。

この離婚の後位から、エルヴィスは昼夜逆転生活、
間違った薬の飲み方などで、心身共に病んで行き
健康状態が崩れます。

それでもハードなスケジュールでステージをこなししてましたが、1977.8.16に自宅で息をひきとります。

まさにアメリカン・ドリームそのもの。
1953年、トラックの運転手だったエルヴィスは、母へのプレゼントとしてレコード録音。それがデビューへのきっかけでした。

最後に思ったことは何だったんでしょう。


特にファンで無い方、知らない方へ

★エルヴィスの死因は心臓発作です。麻薬等ドラッグ中毒ではありません。

★晩年は確かに体重は増加しましたが、ドーナツの食べ過ぎで死んだなら
  自殺願望者は苦労しません。

★エルヴィスは黒髪ではありません。

★エルヴィスは双子でした。生後すぐに「ジェシー・ガーロン・プレスリー」という
  兄弟がいました。

★エルヴィスは日本に来日したことはありません。アメリカの他に出国したのは、
 兵役時のドイツと  ハワイ、カナダだけです。マネージャーである、トム・パーカーが
 移民であり、永住権を持っていなかった為  再入国禁止になることを恐れたからと
 言われています。

★日本人が何故、エルヴィスに限って「プレスリー」と呼ぶのか分かりません。

★日本のお笑いが、白いジャンプスーツもどきを着て海苔か何かのもみあげを貼って
  つまらんギャグをやってたのを見て「プレスリーはこういう人だ」ってイメージが
  出来た人、多くないですか?

★訳するなら「オレ」じゃなく「僕」という礼儀正しい人です。酒もタバコもやりません。

★エルヴィスはビートルズ等に比べて、日本ではあまり受け入れられません。
  多分、マスコミ等の取り扱いや、日本人の音楽の趣味の問題があると思います。

★私は、冗談でも話をしていてエルヴィスのことを悪く言う人がいたとしたら
  後先考えず、本気で怒ってしまいます。(大人になっても直らない)
  例えそれが、どんなに仲がいい人や上司であってもです。
 「知らないくせに、何言ってるんだ!」って感じです。多分一生そうでしょう。


★ロックンロールの先駆者でありますが、C&W、R&B、ゴスペル、バラード系と
  幅広いヴォーカリストです。

★あの白いジャンプスーツは空手着を意識したものです。エルヴィスは習って いました。
  黒帯で、後年のアクションにはその動きも入ってたりします。
i

★簡単に、本当に簡単に書きました。
  興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、是非、ステージのDVDを観てください!


 


inserted by FC2 system